webenu-zatsudan-202105

「ZATSUDAN」とは?ホリエモンによる新しい音声型プラットフォーム

webenu-zatsudan-202105

スポンサーリンク

– 2040年の未来予測
– オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る
– GAFAの決算書 超エリート企業の利益構造とビジネスモデルがつかめる
スポンサーリンク

ZATSUDANとは?


公式サイトはこちら

ZATSUDANとはホリエモンが仕掛ける新しい音声型プラットフォームで、ビジネスの話題を中心に様々な分野で活躍するプロフェッショナル同士の雑談を専用のアプリ上で楽しむことのできるアプリです。2020年の末頃からベータ版でのテストが始まり、2021年4月16日より正式版がリリースされました。

プロフェッショナル同士の予定調和の無い雑談を視聴できる」というコンセプトで、他の音声型サービスとは異なり、プロフェッショナル同士の本当の意味での”雑談”を楽しむことができるため、思いがけないアイデアと出会うことのできる可能性があるという魅力があります。


ZATSUDANのベータ版についての解説記事


ZATSUDANの特徴


 ZATSUDANの利用中は、配信者として登録されている起業家や投資家、専門家などの著名人たちの雑談を回数無制限で聴くことができます。配信は個人配信と同時配信の2種類があり、配信者が配信中に他の配信者に参加をリクエストして一緒に配信することも可能となっています。

ユーザーは配信を行うことはできませんが、配信を聞きながらコメントを送ることができるようになっています。実際に配信を聞いていても、配信者がユーザーからの質問コメントを募集してその内容に回答するというような雑談配信も行われており、サービス内で配信者とのインタラクティブなコミュニケーションを行うことが可能となっています。


ZATSUDANの料金

ZATSUDANの料金は2021年4月時点で、月額1500円(税込)となっています。現在は無料トライアル実施中のため、初回2週間は無料で利用することが可能です


スポンサーリンク

ZATSUDANの配信者


ZATSUDANの配信者はホリエモンこと堀江貴文氏を初め、現役の経営者から有名Youtuber、弁護士や蔵元までさまざまな業界の著名人が集まっています。

公式サイトによると配信者は今後も順次参加予定で、新たな配信者の参加が決まった場合は、「お知らせ」ページに情報が公開されるとのことです。


現在公開されている配信者についてリストアップしました

  • 堀江 貴文:「時代の寵児」と目される実業家。飲食事業・宇宙事業・エンタメ事業など、多岐に渡る事業を手がける。
  • 上杉 隆:NOBORDERニューズ東京代表。新進気鋭のジャーナリストとして注目され、政治など多数の執筆を手がける。
  • 勝間 和代:経営コンサルタント、トレーダーなどの経験を生かして経済評論家として独立。現在はYouTuberとしても活躍。
  • 鴨頭 嘉人:教育系YouTuberの第一人者として活躍。伝わるスピーチスキルが身につく『話し方の学校』を運営している。
  • 川瀬 智広:男を磨く恋活・婚活学校 BRIGHT FOR MEN を運営し、男性の恋活婚活をサポート。著書『童貞の勝算』。
  • 樹林 伸:編集者としてGTO等を担当。原作者としても金田一少年の事件簿やBLOODY MONDAY等のヒット作を執筆。
  • 佐渡島 庸平:株式会社コルク代表取締役社長。コルク創業前の講談社時代に『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』等の編集を担当。
  • 立花 孝志:NHK党党首およびホリエモン新党の代表。自身の活動をYouTubeでも発信し、注目を集めている。
  • はあちゅう:多数の著書を出版し、「新しい生き方」を先導するインフルエンサーとして活躍。
  • パソコン太郎:IT Supportパソコン太郎株式会社代表取締役。ITコンサルタントや絵本作家としても活躍している。
  • 福永 活也:著書『日本一稼ぐ弁護士の仕事術』。エベレスト登頂、世界中のレストラン食べ歩き等をしている。
  • 三戸 政和:株式会社日本創生投資代表取締役。著書『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』。
  • 箕輪 厚介:『多動力』や『人生の勝算』などのヒット著書の編集を担当。編集者以外にも数々の事業に携わる。
  • 茂木 健一郎:「クオリア」をキーワードとして心脳問題について研究している。研究に関わるものも含め多数の著書を出版。
  • 山本 典正:平和酒造代表取締役社長。ベンチャー企業を経て実家の酒蔵に入り、組織改革や高品質な酒造りに尽力。

その他の注目すべき音声サービス


media-998990_1920

ここまで、音声サービス「ZATSUDAN」の特徴について説明してきましたが、最後に「ZATSUDAN」以外の注目の音声サービスについてご紹介したいと思います。


stand.fm

stand.fmは、ラジオのような音声放送を、いつでもどこでも気軽に配信できるプラットフォームです。2020年にサービスが開始され、同年10月現在、月間利用者数はWebとアプリの合計で  100万人を超え、急成長しています。

stand.fm(スタンドエフエム)とは?Clubhouseに負けない話題の音声配信プラットフォーム!


Clubhouse

Clubhouseは2020年にアメリカで創業した、サンフランシスコに拠点を持つ「Alpha Exploration」が2020年3月に公開した音声SNSです。日本では2021年に流行し、Clubhouseをきっかけに多くのユーザーが音声配信を行うようになりました。

Clubhouse(クラブハウス)とは?特徴や評価など、話題の音声SNSを徹底解説!


Dabel

Dabel(ダベル)とは、Clubhouse(クラブハウス)に先駆けること1年、2019年1月に公開された友達と声で出会える音声コミュニケーションアプリです。サービス名は、日本語の「駄弁る」をもじって名付けられています。

音声SNS「Dabel(ダベル)」とは?Clubhouseとは一味違った雑談アプリ!


Swell

SwellはSudha Varadarajan(スダ・バラダラジャン)氏とArish Ali(アリシュ・アリ)氏の夫妻により運営されている音声サービスです。Swellは音声のみによるグループチャットやプライベートな会話だけでなく、短いポッドキャストのような「Swellcast(スウェルキャスト)」もサポートしています。

音声SNSの「Swell」ってどんなアプリ?特徴や運営は?


Spoon

Spoonとは、株式会社Spoon Radio Japanが運営する音声配信アプリです。ラジオの様な感覚で視聴が可能で「CAST」という録音配信機能が用意されています。

音声アプリ「Spoon」の使い方と稼ぐ方法を解説!気になる特徴は?


スポンサーリンク

ZATSUDANの今後の展開に期待


ZATSUDANについてはサービスが正式にリリースされたばかりなので、出回っている情報はまだまだ少ないですが、多数のメディアで取り上げられるなど話題性は十分にあると言えます。

配信者が増えるにつれさらに面白いコンテンツが視聴できるかもしれないという期待もあって、今後のZATSUDANの動きから目が離せません。

本記事を最後までご覧頂きありがとうございました。WEBENUでは引き続き、WEBサービスの情報を発信していきますので、他の記事も是非ご覧いただければと思います。


【参考記事】

ZATSUDAN

ホリエモンが仕掛ける新サービス、「ZATSUDAN」が登場!!

音声型プラットフォーム「ZATSUDAN」正式リリース!

スポンサーリンク
webenu-zatsudan-202105
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG