swellab-202105

音声SNSの「Swell」ってどんなアプリ?特徴や運営は?

swellab-202105

音声のソーシャルネットワークと言えばClubhouse(クラブハウス)という音声SNSを思い浮かべる方が多いと思います。2021年になって一気に広まったClubhouseですが、実は他にも、Swell(スウェル)というサンフランシスコの音声会話に特化したアプリが存在するのはご存じでしょうか。

今回は、音声会話を中心にしたソーシャルネットワークアプリ「Swell」について詳しく解説をしていきたいと思います。また、Clubhouse(クラブハウス)との違いなどについても見ていきます。


スポンサーリンク

– 音声配信の教科書【2021最新】・声のブログをはじめよう:おすすめのアプリから魅力的なチャンネル作り、収益化のしくみまで
– フツーの人がYouTube登録者数1万人を突破する秘訣 ~ビジネスYouTuberの始め方~
– ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座
スポンサーリンク

Swellとはどんなアプリ?


公式サイトはこちらiPhoneアプリはこちらAndroidアプリはこちら


Swellは音声のみによるグループチャットやプライベートな会話だけでなく、短いポッドキャストのような「Swellcast(スウェルキャスト)」もサポートしています。

自由投稿型ではなく、Clubhouse風のコメントスレッドのようなものだと考えればわかりやすいかもしれません。ユーザーは公開した投稿をSwellcastのウェブサイト上の自分のページで宣伝することができます。


Swellとclubhouseの違いとは?

clubhouseでの会話はすべてアーカイブされずにリアルタイムで行われます。つまり、ライブで聞かなければすべて聞き逃してしまうという特徴があります。

一方、Swellは非同期のコメントに焦点を当てたものになっており、ユーザーは5分間以内の独立したオーディオクリップを投稿して他のユーザーは自分の好きな時にそれを聞いたり、自分のオーディオレスポンスを残したりすることができます。


Swellはどうやって使うの?

このアプリはandroid、iOSの双方に対応をしており、現在はスマートフォンに無料でダウンロードすることが可能です。収益化については広告の導入はしておらず、フォロワーに対して課金するシステムやアプリ内で追加ツールを使用できる有料プレミアム・アカウントの作成など将来的に考えているようです。

また、Swellは広告を使ったビジネスは一切行わずにプレミアムツールやSwellcastへの課金で収益を上げるということを決意しています。


Swellの特徴


ユーザーは最長で5分間までの音声収録をすることが可能であり、収録された音声ファイルは自身のプロフィール上に投稿することができます

配信内容は、自身のポッドキャストの宣伝や映画やゲームのレビュー、ブログのような今朝自分がしたことだったりとユーザーによって様々です。それぞれの投稿に対し、フォロワーが音声によるレスポンスを投稿します

リツイートと同じ機能である「リスゥエル」をすることも可能となっています。音声ファイル以外にもリンクを貼ったり、文字を書き込むこともできます。音声版のツイッターのようなイメージで利用が可能です。


Swellと普通のSNSとの違いは?

既存の文字ベースであるSNSとの違いとして、音声の方がより自分の感情を伝えやすいという点が挙げられます。ユーザーは他のユーザーとのつながりをより強く感じることができるでしょう。

また、グループチャットやプライベートでの音声会話も可能です。更にアプリ上に音声ファイルが残るので記録が残らない音声ライブ配信上で問題となっているヘイトスピーチであったり、ハラスメントだったりの不適切なコンテンツに対処することが出来る点など、品質管理の面から見ても優れています。


スポンサーリンク

Swellの運営はどこがやっているの?


Swellの運営は、Sudha Varadarajan(スダ・バラダラジャン)氏とArish Ali(アリシュ・アリ)氏の夫妻により運営されています。過去には、Eコマース企業のSkava(スカヴァ)を設立して後にinfosys(インフォシス)に売却した経験を持っています。

SwellのCEOを務めるバラダラジャン氏はこのアプリについての特別な機材や本格的な制作作業を必要とせず、ユーザーが何でも話すことができるというオーディオコンテンツ制作の「民主化」を目指す試みです。

そしてこのアプリはClubhouseを意識したものではなく、偏向性が高まり本物の会話が少なくなっているソーシャルメディアに対する全般的な解毒剤のようなものとして作られたとバラダラジャン氏は述べています。

バラダラジャン氏は投稿が残ることによりリスナーが容易に追いつけるようになるだけではなく、会話の質も向上すると考えています。


【まとめ】swellには今後更なる高まりが期待されている


c-d-x-PDX_a_82obo-unsplash

swellはまだまだ始まったばかりの新しいサービスですが、最近になって音声SNSへの期待が高まっていることから、今後さらにユーザーが増えると思われます。UXや機能もどんどん改善されていくことで日本でもClubhouseのようなブームを生む可能性は十分にあります。

音声SNSのサービスは続々と新しいものが公開されており、どれが人気のサービスになるかは現時点では誰もわかりません。この記事を読んでいる読者の皆様も、気になる音声サービスがあれば是非一度使ってみてください。

最後まで本記事をご覧いただきありがとうございました。


【参考元】

Swell launches its app for asynchronous voice conversations

好きな時に楽しめる非同期型音声会話ソーシャルネットワークアプリ「Swell」

スポンサーリンク
swellab-202105
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG