個人で始めるオウンドメディア

個人でオウンドメディアを始める方法!副業で収益化するための作り方を解説

個人で始めるオウンドメディア

今回は、副業や趣味として個人でオウンドメディアを始めたいという方のために、0からオウンドメディアを作る方法や収益化(マネタイズ)する方法まで、その全てをわかりやすくご紹介していきたいと思います。

実際にオウンドメディアを複数立ち上げた経験のある筆者の経験からお勧めの方法などもご紹介していきます。「オウンドメディアとブログの違い」や「個人で作ることは本当に可能なのか」などの疑問にもお答えしていきますのでぜひ最後までご覧ください。


スポンサーリンク

– ゼロから始める!ウェブマーケティングの優しい教科書
– はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義
– 売れるWEBデザインマーケティングの法則
スポンサーリンク

オウンドメディアとブログの違い


まずオウンドメディアとは何かブログとは何が違うのかについて解説していきます。それぞれの違いについて既にご存知の方は飛ばしてご覧下さい。


オウンドメディアとは


kevin-bhagat-zNRITe8NPqY-unsplash

オウンドメディアとは、一般的に「自社で保有するメディア」のことを指します。英語では「owned media」と表記し、ownedは「所有する/所有されている」という意味になります。

自社のマーケティング活動やブランディングの一環として利用され、サービスの認知やリード獲得などを目的に運用されます

また、ペイドメディアやアーンドメディアと並び、「トリプルメディア」という考え方におけるメディアの分類の一つとして数えられています。


スポンサーリンク

ブログとは


ブログは、個人または企業において意見や論評、感想などを公開するためのウェブサイトです。当初は個人サイトとして広く利用されていましたが、現在では企業などの法人でも多く利用されるようになりました。

使い方としては、個人ブログとしてサイトを立ち上げるケースや、企業のホームページにブログとして情報を公開するケースが多くみられます。


オウンドメディアとブログの違い


compare-5201278_1920

オウンドメディアとブログの違いとしては、発信するコンテンツや内容の違いがあります。

オウンドメディアは企業の利益のために運営されているため、特定のユーザー(ターゲット)に対する有益な情報や企業の情報を発信します

対してブログは、自身の情報発信や広告/アフィリエイトなどによる収益などの目的で運用されるため、オウンドメディアで述べたものの他にも個人の意見や経験談、レビューなどの情報が発信されています

また、オウンドメディアでは単に記事の投稿だけでなく、メルマガやebookなどと合わせた情報発信が行われるという特徴もあります。


スポンサーリンク

個人におけるオウンドメディアとは


個人でオウンドメディアを持つメリット


オウンドメディアとは「自社で保有するメディア」であると説明してきましたが、個人でもオウンドメディアを持つことが可能です。

フリーランスや副業などで個人で仕事をしている方の場合も企業と同様にオウンドメディアを持つことで、認知拡大や顧客獲得による利益の拡大を狙うことができます。

またそうでない方であっても、オウンドメディアを活用して情報発信することで「個人のブランディング」に繋げることが可能となります。

また、オウンドメディアを持つことでWebマーケティングを実践的に学習していくことが可能となり、自身のスキルアップにも繋がります


個人でオウンドメディアを一から作ることは可能か


結論から言えば、個人でオウンドメディアを作成をすることは可能です

制作にはCMSプログラミングなどの学習コストがかかりますが、最近ではノーコードツールなどの簡単にサイト作成が可能なツールもあるため、誰でも容易にオウンドメディアを構築することができます。

詳しいオウンドメディアの作り方については後述いたしますが、主に自己制作、外注、サイトM&Aなどの手法があります。


今、個人でオウンドメディアを作るべき理由


現在、”コロナ禍の影響”や”副業を解禁する企業が増えてきている”こともあり、副業を始める個人も急激に増加しています

また前述したノーコードツールなどの便利なツールが続々と登場してきているため、誰でも手軽に始めることができるので、今後も個人でメディアを持ちたいという人が増えていくと思われます

オウンドメディアにおいては競合が増えれば増えるほど難易度が上がるため、競争が激しくなる前に早い段階から参入する必要があるのです。

分野やキーワードによってはまだまだ個人でも狙うことのできるブルーオーシャンが広がっている可能性があるので、この記事を見ている皆さんはいち早く、オウンドメディアを初めてみてください。


オウンドメディアの作り方


次にオウンドメディアの具体的な作り方、制作方法について解説していきたいと思います。今回はいくつかパターン分けして筆者の意見も交えながらご紹介します。


プログラミングで開発する



まず最初にご紹介するのは、0から自分でプログラミングする方法です。この方法は難易度が高く運営も大変なので、初心者の方にはあまりお勧めしませんが、プログラミングスキルを身につけたい方やサイト構築の知識/経験が欲しい方は試してみると良いかもしれません

基本的にはHTML, CSS, Javascriptなどを学習する必要があるため、プログラミング学習サイトやスクールなどで学びながら制作する流れとなります。学習コストがかかるため時間的にも余裕がある方にお勧めです


メリット

-プログラミング/サイト制作の知識が身につく

-制作費用を安く抑えることができる

-細かい調整や機能追加が自由にできる


デメリット

-学習コストがかかる

-制作後の運営が大変


【おすすめ参考図書】

世界一わかりやすい HTML5&CSS3コーディングとサイト制作の教科書
知識ゼロからのプログラミング学習術 独学で身につけるための9つの学習ステップ

CMSを使って制作する


次にご紹介するのは、CMS(Contents Management System)と呼ばれる、コンテンツ管理システムを用いて制作する方法です。こちらは、プログラミングの知識が不要で誰でも制作することができるほか、サイト制作後の運営が非常に簡単なためメディア制作/運営に一番適した方法だと言えます。

機能拡張デザインテンプレートが利用可能なので初心者でも比較的扱いやすく、インターネット上では使い方などの情報も豊富にあるため、まずはCMSを使って制作することをおすすめします。

有名なサービスとしては「WordPress.org」が挙げられます。公式サイトによると、Web上の40%のサイトがWordPressを利用しているということで信頼性も非常に高いサービスです。


メリット

-プログラミングの知識が不要

-制作後の運営が非常に簡単

-使い方などの情報が多い

-ある程度の拡張性がある


デメリット

-CMS自体の学習コストがかかる

-プログラミングによる開発に比べ、細かな調整ができない


【おすすめ参考図書】

いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 「いちばんやさしい教本」シリーズ
いちばんやさしい WordPress 入門教室

ノーコードツールで制作する


プログラミング開発やCMSよりもさらに簡単に制作することができる方法が、ノーコードツールを用いた制作です。ノーコードツールとはコーディング/プログラミング不要で、アプリやWebサイトなどのサービスを開発することができるツールのことを指します。

CMSは文字通りコンテンツ管理に特化システムなのに対し、ノーコードツールではアプリなどの複雑な機能を持ったサイトを制作することが可能です

学習コストについても格段に低く、誰でも動画などを通して簡単に学習できるため、とりあえずサイトを作ってみたいという方におすすめですが、CMSのようにコンテンツ管理には向かない場合があるので注意が必要です


メリット

-学習コストが低く、制作がとても簡単

-学習次第で自由度の高いアプリなどが制作可能


デメリット

-コンテンツ管理に向かない場合がある

-無料で使える範囲が限られている


ノーコードツールについては以下の記事で詳しく解説しています


【おすすめ参考図書】

ビジュアルプログラミングBubble―ノーコード/コーディングレスではじめるWebアプリケーション構築: ノーコード/コーディングレスで簡単にウェブアプリケーション開発をはじめよう
基礎から学ぶ ノーコード開発

外注して制作してもらう


自分でサイトを制作するのが面倒だという方は、外注して制作してもらうという方法もあります。サイト制作専門の会社オウンドメディア構築専門の会社など様々な企業があるので、一度探してみると良いかもしれません。

価格帯は、50,000~100,000の場合や1,000,000以上する場合など、会社や要望によって幅広く一概にはいくらとは言えませんが、安く制作したい方は個人で受託している方やスキルシェアサービスなどを使ってみると、費用を安く抑えることができます


メリット

-制作する必要がない

-運営などをしてもらうことも可能

-ノウハウを提供してもらえる


デメリット

-外注費用がかかる

-自分で変更や拡張しづらい

-サイトの知識などが身に付きづらい


サイトを買収する


men-1979261_1920

自分で制作しない方法には外注の他にも、既に他の方や企業が制作/運営したサイトを買収するという方法もあります。この方法ではサイトの制作期間などが必要なく、既にコンテンツもある状態で運用を始めることができます。素早くサイト運営を開始したいという方などにおすすめです。

しかし一方で、サイト売買に必要な手続きや交渉が発生するため、買収の経験がない方にとっては煩わしく感じられるかもしれません。また、通常は間に仲介の企業などが入るため、仲介手数料を取られるというデメリットもあります。


メリット

-すぐに運用を始めることができる

-コンテンツが既に用意されている


デメリット

-買収費用や手数料などのコストがかかる

-面倒な手続きや交渉が必要

-サイトのデザインやテーマを変更する際には注意が必要


【おすすめ参考図書】

アフィリエイトを始めるなら、サイトを購入して外注しなさい
ざっくり分かるサイト売買|サラリーマンが手っ取り早く人生を変える方法

オウンドメディアの収益化方法


続いてオウンドメディアの収益化方法についてご説明します。オウンドメディア収益化の方法はいくつかありますが、今回は個人でオウンドメディアを収益化する場合の方法に限っていくつかご紹介いたします。


広告収入


広告収入はサイト上に広告を掲載し、ユーザーが広告をクリックしたり広告から商品購入やお問い合わせをすることで報酬を受け取ることができる仕組みです。

純広告やGoogle Adsence、アフィリエイトサイトやAmazonアソシエイトなど様々な広告サービスを利用することで広告収入を得ることができます。多くのブロガーやアフィリエイターがこの方法で収益化しており、現在最もメジャーな収益化方法となっています

月に100万円以上稼ぐ例などもありとても人気な方法ですが、近年はGoogleのアップデートなどの状況から純粋な広告/アフィリエイトで稼ぐことが難しくなってきているとも言われています。


動画/音声配信


オウンドメディアに訪れたユーザーを、YouTubeや音声配信メディアを始めとした各種動画/音声配信サービスに流すことで、流入先で収入を得るという方法もあります。

YouTubeでは、「YouTubeパートナープログラム」に加入することで広告収入を得ることが可能で、stand.fmやVoicyを始めとした音声配信メディアなどでは、配信の有料化や投げ銭など様々な方法で収入を得ることができます。

音声配信についてはまだまだ収益化の仕組みが出来上がっていないサービスなども多いですが、競合となる配信者がまだまだ少ないためチャンスがあるという意見が多く挙がっています。


stand.fmで収益化する方法については以下の記事で解説しています


物販/コンテンツ販売


オリジナルのアイテムやコンテンツを制作し、それをオウンドメディアから販売することで収益化することが可能です。メディアの内容に沿ったオリジナルの解説動画やノウハウ資料などを有料コンテンツとしてを販売することで収益化に成功している例も多く見られます。

近年はBASEやShopifyなどの簡単にECが始められるサービスが話題を集め、個人でネット販売を始める人が増えています。自身でオウンドメディアを持つことで、ユーザーを販売サイトへ流し収益を上げること可能となります。


オンラインサロン/会員制コミュニティ


有名人やインフルエンサー、ネットビジネスの方などに多いのがオンラインサロンやコミュニティで収益化する事例です。自身で価値のある情報を発信したりするオンラインサロンや会員制コミュニティを立ち上げ、そこにメディアから誘導することで入会金や会員費などで収益化をすることができます

定期的に有用な情報発信が必要であったりコミュニティの運営も必要なため、他の方法よりも少し難易度が高くなりますが、他の収益化の方法とも相性が良く、コミュニティの会員がコンテンツを買ってくれたり動画配信を見てくれたいりとより大きな収益に繋げやすいのが特徴です。


まとめ


いかがでしたでしょうか?

今回は個人でオウンドメディアを始めたい方のために、構築方法や収益化する方法などを分かりやすくご紹介しました。個人で稼ぐことが注目され始めた現在、自分のサイトやメディアを持つことは個人の戦略上とても重要です。

自身の情報を発信する手段を持つためにも、個人での影響力を持つためにも、そして収益源を増やすためにも、興味のある方は是非挑戦してみてください!

最後まで本記事をご覧いただきありがとうございました。今回の内容が少しでも読者の皆様のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク
個人で始めるオウンドメディア
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG