webwritingmone-2021021

未経験からWEBライティングで稼げるようにまでの道のり|初心者向けに徹底解説!

webwritingmone-2021021

皆さんは「WEBライティング」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。WEBライティングとは、皆さんが普段閲覧しているようなサイトやブログの内容をPCを使って執筆することです。

WEBライティングを行う人のことをWEBライターといい、インターネット上に公開されている記事はWEBライターが執筆しているものが沢山あります。WEBライターはブログやサイトの運営者の方から執筆の依頼を受け、内容を執筆することでお金を貰っています

今回はWEBライターとして仕事を受注し、稼げるようになるためにはどのような道のりを歩む必要があるのかについて紹介していきます。


スポンサーリンク

– 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—
– はじめてでもよくわかる! デジタルマーケティング集中講義
– 伝えて動かす!WEBライティングの教科書
スポンサーリンク

WEBライターになるための手順


まずは、WEBライターになるためにはどのような手順を踏む必要があるのかについて紹介していきます。初心者がいきなりWEBライターを名乗ることも可能ではありますが、実績や経験がある方が仕事を依頼してもらいやすくなるので、手順を間違えないようにすることが大切です。

WEBライターは国家資格や民間資格ではないので、誰でも名乗ることはできます。しかし、それ故にレベルの差が非常に大きくなっており、依頼を受けることができるのはほとんどの場合、スキルが高く実績の多い上位のライターのみとなっています。

WEBライターに資格はありませんが、ライティングの技術を証明することができる資格はあります。それが「WEBライティング技能検定」です。



この検定は、WEBライティングに関する技術を証明することができ、毎月開催されています。WEB上で試験を受けることができるので、インターネット環境があれば日本中どこにいても受験することができます。この資格を持っていると、ライティングする記事の品質がある程度保証されているので、依頼を受けやすくなります。

資格を取得してライティングの技術を身に付けたら、いよいよ仕事の受注を行っていきます。WEBライティングの依頼は主にクラウドワークス・ランサーズ・ココナラなどのクラウドソーシングサイトで行います。

こうして、仕事を受けることができるようになれば、晴れてWEBライターデビューとなり、WEBライティングで稼ぐことができるようになります。


WEBライティングの依頼を受けるためのサービス


WEBライティングの仕事を受けるには、クラウドワークスやランサーズ・ココナラなどのクラウドソーシングサイトを利用する必要があります。このようなサイトでは、サイトやブログの記事を執筆してほしい方がWEBライターを探しているため、お互いがWIN-WINの関係となる取引を安心して行うことが可能です。

ここからは、主なクラウドソーシングサイトについて紹介していきます。


スポンサーリンク

クラウドワークス / ランサーズ


クラウドワークス公式サイトランサーズ公式サイト

クラウドワークスランサーズは、比較的似た特徴を持っているクラウドソーシングサイトとなります。どのような点が似ているのかというと、「求めるライターのレベル」と「1記事あたりの金額」です。

クラウドワークスやランサーズでは求められるライターのレベルが比較的低く、初心者ライターでも十分に仕事を受注することができます。もちろん、高いレベルでの執筆を求めている方も沢山いますが、それよりも【初心者OK】などと掲げている依頼者の方が多い傾向にあるのです。そのため、ライターとしてのレベルが低いうちからでも、どんどん仕事を受注することができます。

1記事あたりの値段も両サイトは似ており、比較的安い傾向が続いています。求められるライターのレベルが低い分、記事・文字の単価が低くなるのです。しかし、少額だとしても稼ぎながらスキルアップしていくことができるため、モチベーションの維持にもつながります。


ココナラ


公式サイトはこちら

ココナラは、株式会社ココナラという会社が運営しているスキルシェアサービスです。クラウドワークスやランサーズと比べた際の特徴としては、求められるレベルが比較的高いということが挙げられます。

ココナラは、「得意をサービスにできる」というキャッチコピーで売っているため、ライティングが得意出るライター達が集まっているのです。依頼者の方々がライターに求めるレベルも比較的高い傾向にあり、SEOライティングの知識などが必要になることもあります。

一方、ココナラでは記事・文字単価が高くなる傾向にあります。もちろんココナラでも【初心者歓迎】などと募集されている場合もありますが、ほとんどは1文字0.75円~1円の受注となっています。単価が高い分、1か月に10万円以上の高額を稼ぐことも可能ですが、一部の上位ライターのみに限られています。


良くも悪くも利用者が少ない

というのも、ココナラはクラウドワークス・ランサーズと比較して、利用者が少ないというのが現状です。そのため、きわめて高い技術を持ったライターが稼げる仕組みにはなっているものの、それ以外の初心者ライターでは厳しい部分があります。他のクラウドソーシングサイトで経験を積んだり前述の資格・検定を取得したりしてから登録する方がおすすめです。


スポンサーリンク

どのようにライティングのスキルアップをするのか



資格/検定を受ける

ライティングのスキルアップをするには、いくつかの方法があります。まずは、資格や検定などの対策教材です。一般的にはこの方法がメジャーで、正しい日本語の使い方や文法等、初歩的なところから学ぶことができます。初心者には一番向いている方法になります。


ライティング講座を受講する

次は個人のライティング講座などを受講するという方法です。WEBライターとして活動している方の中には、個人で塾やライティング講座を開設していることもあり、それらを受講して学ぶという方法もあります。

個別のサポートを受けることができる他、専用の教材が用意されているということもあるので、コツコツ学ぶことができます。資格や検定は資格を取ったらそこで終わりという場合がほとんどですが、個人の講座やスクールではライターとして稼げるようになるまでサポートしてくれる場合がほとんどです。

ただし、スクールや講座のレベルは講師の方によって異なっているため、受講前にしっかりと確認する必要があります。万が一、「レベルが高すぎた」ということがあっても、受講している以上返金はできない場合がほとんどなので注意が必要です。


実践を積みながらスキルアップ

最後は、ライティングのお仕事を行いながらスキルアップする方法です。依頼者の中には、「ここを~~してほしい」などと、修正の依頼をされる方もいます。そのような経験を経てレベルアップしていくという方法です。

この方法のメリットは、稼ぎながらスキルアップでき、講座などの費用がかからないことです。モチベーションを維持しやすく、継続して稼いでいくことができます。デメリットとしては、成長が極端に遅いことです。

私たちには文章を作る際のクセが少なからず存在します。「接続詞が使いこなせない方」や「言い回しに違和感がある方」などです。このようなクセがある場合、「文章は伝わるのに、何かおかしい」という記事になります。依頼者の方もこのような場合には修正依頼をすることは無く、自分で行う方がほとんどです。結果的にクセが治らず、成長が遅れるという事態になることもあります。


まとめ


いかがでしたでしょうか?今回は、WEBライターで稼げるようになるまでの方法を紹介しました。

基本的には、「検定に受かり、クラウドソーシングサイトで受注」というのが一般的な流れになります。初心者でもデビューして稼いでいる方が多く、完全在宅で行えるため非常に融通の利く仕事です。もちろん、副業として取り組むこともできます。ぜひ、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
webwritingmone-2021021
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG