youtrust-about-2022

YOUTRUSTでの副業はバレる?評判と使い方をわかりやすく解説

youtrust-about-2022

YOUTRUSTとは副業や転職を希望している人と、優秀な人材がほしい企業をマッチングさせるSNS型サービスです。昨今急激に利用者が増えており、登録者は9万人を突破しました。

副業や転職を希望している方は無料で登録・利用することができ、企業から直接オファーを受けて働くことが可能です。

  • 副業を始めたいけど会社や身内にバレないか心配
  • YOUTRUSTの利用をしたいけど方法がわからない
  • 利用する上でどんなデメリットがあるか不安

この記事では利用を検討している方に向けて、YOUTRUSTの使い方やメリットデメリットをわかりやすく解説していきます。


スポンサーリンク

そもそもYOUTRUSTって?副業におススメな理由3選

youtrusthead-20220222

YOUTRUSTは人材マッチングサービスとして、近年登録者数が急上昇しているサービスです。

  • 友達の友達からオファーがもらえるため、信頼性が高い
  • ユーザーの95%がインターネット業界の人材となっている
  • SNS型サービスのため利用がしやすく、通知を見落とす心配がない

上記の理由から個人的に転職を考えている人や、副業をしようと試みている人にとっては魅力的なコンテンツとなっています。



友達の友達からオファーがもらえるため、信頼性が高い

YOUTRUSTではFacebookと連携して登録を行います。登録後、友人や知人に「つながり申請」を送ることができ、承認されるとYOUTRUST上で「友達」になることが可能です。

友達になることで新しく友達になった人から仕事を貰うチャンスを作れるため、安心して案件を受けることが出来ます。


スポンサーリンク

ユーザーの95%がインターネット業界の人材となっている

YOUTRUSTに登録している人のほとんどが、インターネット業界で活躍しています。

  • エンジニア
  • webデザイナー
  • マーケティング
  • 営業
  • 事業開発

など、様々な人材が利用しています。主に20代後半~30代後半までの年齢層が登録しており、中でもエンジニアとして活躍している人が多く利用しています。


SNS型サービスのため利用がしやすく、通知を見落とす心配がない

smartphone-g22736aa69_1920

タイムライン上で仕事の募集を見つけるだけではなく、友達の近況や仕事ぶり、気になる企業の活動などの情報を確認することが可能です。自分自身の情報もシェアすることが出来るので、自身のスキルや仕事についても発信していきましょう!

自分を知ってもらうチャンスとなり、オファーに繋がりやすくなります。また、メールやslackに通知が来るように連携をすることで、企業からの連絡を見落すことなく確認できます。


スポンサーリンク

YOUTRUSTの使い方!オファーを貰える環境をつくろう

個人で利用する場合、YOUTRUSTの登録利用料は無料です。まずは登録を行い、プロフィールを充実させましょう。

プロフィールが充実することによって、案件の相談やオファーを貰う機会が増えます。


30秒で完結!YOUTRUSTの登録方法


もともとFacebookアカウントを持っている方であれば、30秒で登録が完結します。登録の手順は以下の通りです。

Facebookアカウントを持っていない場合

  1. まず会員登録画面を開きます。
  2. 「Facebookと連携」を押し、アカウント連携を行います。
  3. 「〇〇(Facebookのアカウント名)としてログイン」をクリックします。
  4. 「メールアドレスの登録」画面で、通知を受け取るメールアドレスを登録します。
  5. メールが届いたら認証を行い、登録完了です。

Facebookアカウントを持っていない場合

  1. まず会員登録画面を開きます。
  2. メールアドレスとログイン用パスワードを入力し「YOUTRUSTに登録」をクリックします。
  3. メールが届いたら認証を行い、登録完了です。


プロフィールを入力してオファーを受けよう


アカウントの登録が完了すると、プロフィールの入力することが出来ます。出身地や現在の仕事など、様々な情報を登録することが出来るので、なるべく詳しく書きましょう。入力が完了するとタイムラインを見たり、投稿を行うことが可能です。

自分のプロフィールを閲覧した人の足跡を確認することもできます。友達の友達へメッセージを送ることも出来るため、案件獲得のチャンスを狙うことができるでしょう。


YOUYRUSTの副業は会社にバレる?バレないためのコツ3選

YOUTRUSTを利用する上で、「会社や家族、友人に副業がバレないか」とても心配になりますよね。副業を行っても、周囲にバレないためのコツが幾つかあります。

  • プロフィールの所属先情報を登録しておく
  • Twitter等のSNSを連携しない
  • 住民税を自分で交付する

ここからもう少し分かりやすく解説していきます。


プロフィールの所属先情報を登録しておく


同僚には、あなたの副業意欲・転職意欲は公開されない仕様になっています。

引用元:YOUTORUST公式ヘルプ|同僚に副業・転職意欲が公開されているのか知りたい

もし同じ職場の人に副業がバレたくない場合には、必ず所属先情報を登録するようにしましょう。


Twitter等のSNSを連携しない


YOUTRUSTを利用する際、必要に応じてFacebookやTwitterを連携することが可能です。しかし、連携してしまうと繋がりのある人を通じて、友人や家族に副業がバレる可能性があります。どうしても周りに伏せて副業したい場合には、連携せずに利用すると良いでしょう。

プロフィールは個人情報を伏せて登録することも可能なため、自身の環境に応じて定期的に更新することがおすすめです。


住民税を自分で交付する


会社に副業がバレる大きな理由として「住民税の交付」があります。住民税は自身の収入に応じて納める金額が確定します。給与から住民税が差し引かれている場合、会社側があなたの住民税の金額を把握していることになります。

年間の給料に釣り合わない住民税の支払いをしていると「副業をしている」と疑われる原因になるのです。バレないためにも住民税は給料から差し引くのではなく、自分で払うようにしましょう。確定申告書に「住民税に関する事項」という欄があります。

「特別徴収」と「自分で交付」の2種類があるため、必ず「自分で交付」に〇をつけて提出すると自身で支払いを行える様になります。



利用者の評判は?使う前に知っておきたいメリットとデメリット

YOUTRUSTに登録する人のほとんどがインターネット業界の人材です。多くの人に利用されているサービスですが、もちろんメリットもあればデメリットもあります。


YOUTRUSTのメリット

実際に利用している人達が感じている、メリットは以下の通りです。

  • 友達の友達から案件を獲得でき、信頼関係を築きやすい
  • 登録してすぐ副業を始められた
  • フリーランスとして活躍できる場が広がった
  • カジュアル面談でお互いスムーズにやり取りができた

共通の友達がいるため、信頼関係を築くまで時間がかからないのも魅力の一つです。またカジュアル面談は面接の様に硬いものではなく、お互いをよく知るための時間として利用されています。自分をよく知ってもらうことが出来るので、ミスマッチを避けることも可能です。

インターネット業界の人材同士が繋がることもでき、自身のスキルアップも目指すことができてフリーランスにはメリットの多い環境となっています。

YOUTRUSTのデメリット

一方で悪い評判も少なからずありました。

  • Facebookの連携を行っていないと、案件を貰うまで時間がかかる様に感じる
  • 他のサービスと大差なく、同じように感じる

デメリットが気になるところですが、解消する方法もあります。

YOUTRUSTはFacebookの交流をベースとしたサービスのため、連携を行っていない場合は一から関係性を築いていく必要があります。ただ、オファーが来ない状況になることはほとんどなく、プロフィールを充実させ、タイムラインを駆使することによって案件の獲得に繋げることが可能です。

また、よくWantedlyなどの他サービスと比較されることがあります。YOUTRUSTはあくまで繋がりを大切にしているサービスのため、タイムラインの更新やプロフィール閲覧などのSNS型になっているのです。自分のライフスタイルに合わせてサービスを使い分けていけば、良い案件と出会うことができるでしょう。


まとめ

  • YOUTRUSTはSNS型の人材マッチングサービス
  • 利用者のほとんどがインターネット人材
  • 個人で登録や利用をするのは全て無料
  • 登録は30秒で完結する
  • プロフィールを充実させるとオファーを貰えるチャンスに!
  • 副業がバレないために必ず所属先情報を登録する!
  • 案件獲得から関係を築くまでがスムーズ

いかがでしたでしょうか。今回はYOUTRUSTの利用を検討している方に向けて、分かりやすく解説していきました。

もし、少しでも「やってみようかな?」という気持ちがあるのなら、ぜひ登録してみてください。あなたの新しい可能性に、きっと出会えるはずです。



【参考記事・文献】

YOUTRUST 公式ヘルプページ

確定申告 国税庁

確定申告マネーフォワード 確定申告

スポンサーリンク