webenu-value-auth-202105

Value-Auth(バリューオース)とは?特徴や使い方、料金について解説!

webenu-value-auth-202105

誰でもスマートフォンやパソコンからインターネットにアクセスできるようになった今、個人情報の保護やセキュリティに世間の大きな関心が集まっています。GAFAを初めとした巨大IT企業に対してもセキュリティに懸念の声が上がるような時代になってきました。

今回はそんなセキュリティの分野において、アプリ・サービスの会員登録やログインのセキュリティを簡単に高めることができる「Value-Auth(バリューオース)」というサービスについて、その特徴や料金などを詳しく解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

図解即戦力 情報セキュリティの技術と対策がこれ1冊でしっかりわかる教科書
イラスト図解式 この一冊で全部わかるセキュリティの基本
図解まるわかり セキュリティのしくみ
スポンサーリンク

Value-Auth(バリューオース)とは?


公式サイトはこちら

Value-Auth(バリューオース)は、会員登録やログイン時のセキュリティを高めることができる、¥0から使える本人認証サービスです。SMS・メール・電話などを使うことで認証番号を送信し、その番号によって本人確認を行うことができます。

多くの認証方法が用途に合わせて利用可能で、「同一人物での虚偽の登録」や「多重登録の防止」を埋め込むだけで簡単にサービスに実装することができます


Value-Auth(バリューオース)の特徴


続いて、Value-Auth(バリューオース)の特徴についてご説明していきたいと思います。今回は様々な特徴の中でも、主な3つの特徴についてご紹介します。


無料で利用することができる

Value-Auth(バリューオース)はメールの場合は100通、SMSの場合は10通まで無料で利用することができます。アカウント作成後、無料利用枠としてすぐに利用することが可能です。


多彩な認証方法が利用できる

SMS・メール・電話(IVR)などの認証方法が用意されており、位置情報制限・IP制限・API使用制限・APIへのアクセス制限・ブロックリストなどの機能も利用することができます。電話自動音声については今後リリース予定となっており、現在は利用できません。


様々な場面で利用が可能

Value-Auth(バリューオース)は様々な場面で利用が可能となっており、WordPressの管理画面ログイン時やECサイトの会員登録・ログイン時、金融機関・証券会社での振込時やスマートフォンアプリダウンロード時など、幅広い用途で利用することができます。


スポンサーリンク

Value-Auth(バリューオース)の使い方


valueauth-use-202105

次に、Value-Auth(バリューオース)の使い方について解説していきます。Value-Auth(バリューオース)は代理店の仲介がないため、アカウント登録後すぐにサービスを利用してセキュリティを強化することが可能となっています。

Value-Auth(バリューオース)の登録から利用までの流れは以下の通りとなっています。

  1. 以下の「Value-Authに登録する」をクリックし、遷移先の「無料で始める」からユーザー情報を登録
  2. 登録完了後、Value-Authアカウントのコントロールパネルにログイン
  3. リクエスト認証のAPIキーを作成(作成時のみAPIキーが表示されるため、大切に保管してください)
  4. 自身のサービスのプログラミング言語にあったコードを組み込む


Value-Auth(バリューオース)の料金


josh-appel-NeTPASr-bmQ-unsplash

Value-Auth(バリューオース)の料金は、基本無料となっており、初期費用も月額基本料もかかりません。その都度、前払いで認証に必要な送信数を購入して利用するような仕組みとなっています。

Value-Auth(バリューオース)の料金は以下のような仕組みとなっています。また、以下のどの認証方法でも位置情報制限やAPI使用制限などの機能が利用可能です。


SMS認証メール認証
初期費用・月額基本料¥0¥0
無料利用枠/月間無料利用枠10通100通
100通購入¥869
1,000通購入¥8,470¥110
10,000通購入¥82,500¥990
出典元:ご利用料金|Value-Auth(バリューオース)

スポンサーリンク

Value-Auth(バリューオース)運営会社



最後に、Value-Auth(バリューオース)の運営会社について見ていきたいと思います。

Value-Auth(バリューオース)の運営会社は、GMOインターネット株式会社のグループ会社でインターネットのインフラサービスを展開する「GMOデジロック株式会社(代表取締役社長 平岩 健二)」です。

同社はドメイン管理サービスの「Value Domain(バリュードメイン)」や有料レンタルサーバーの「VALUE SERVER(バリューサーバー)」などを運営しています。

Value-Auth(バリューオース)は、「Value Domain(バリュードメイン)」のユーザーからの意見を元に開発されており、「Value Domain(バリュードメイン)」が提供するサーバーを利用していないユーザーでも利用することができるようになっています


ドメイン登録&ホスティングサービス「バリュードメイン」本人認証サービス「Value-Auth byGMO」を提供開始〜SMSやメールによる本人認証を低価格で実現〜


【まとめ】Value-Auth(バリューオース)でセキュリティを強化しよう!


lukas-blazek-mcSDtbWXUZU-unsplash

いかがでしたでしょうか。今回は、会員登録やログイン時のセキュリティを高めることができる「Value-Auth(バリューオース)」というサービスについて紹介してきました。

同サービスについてはまだまだ評判や口コミなどが集まっておらず、客観的な評価が分かりづらいところではありますが、運営会社が有名な会社なだけあってセキュリティなど安心して利用することができるのでは無いかと思います。

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。また新しい情報などあれば、引き続きこちらで取り上げていきたいと思いますのでお見逃しなく!


【参考記事・文献】

Value-Auth(バリューオース)|公式サイト

サービス紹介 | Value-Auth(バリューオース) – Value Domain

ドメイン登録&ホスティングサービス「バリュードメイン」本人認証サービス「Value-Auth byGMO」を提供開始〜SMSやメールによる本人認証を低価格で実現〜

スポンサーリンク
webenu-value-auth-202105
最新情報をチェックしよう!