webenu-santatoeic-2102105

TOEIC対策アプリ「SANTA TOEIC」の詳しい使い方!効果的な学習方法も合わせて紹介!

webenu-santatoeic-2102105

TOEICの勉強を始めてすぐは比較的すぐに点数が伸びやすく、英語学習が楽しいという方が多いと思います。しかし、学習を初めてしばらく経つと、どうしてもスコアの伸びず悩んでしまう人も少なくないでしょう

そこで今回は、自分の英語の弱点や強みを可視化できる学習アプリ「SANTA TOEIC」について、その概要や特徴についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

– TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 (アスク出版)
– 公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7
– TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)
スポンサーリンク

TOEIC学習アプリ「SANTA TOEIC」とは?


公式サイトはこちらiPhoneアプリはこちらAndroidアプリはこちら

SANTA TOEICは、世界で125万人以上の登録者がいるTOEIC学習アプリです。チュートリアルで10の質問に答えるとTOEICの推測スコアを測定してくれるだけでなく、弱点などを分析してくれます。

データや日々の学習を元にAIが自分に最適な学習カリキュラムを組んでくれるという機能もあります。日本版の正式リリースは2019年9月でしたが、2020年5月には登録者数10万人を超える人気アプリとなりました



「SANTA TOEIC」の料金は?



「SANTA TOEIC」は無料でも利用することができますが、無料会員の場合は一日に解くことのできる問題の数や出題範囲などが制限されてしまいます。以下に無料会員と有料会員の利用できる機能になります。


コースPremium会員無料会員
勉強できるパート全パートパート2・5のみ
1日の問題数無制限10問/1パート
動画講義数約300本約20本

また、有料会員はプランごとに料金が分かれており、3パターンのプランが用意されています。以下はプラン別の料金の比較表となります。


12ヶ月プラン3ヶ月プラン1ヶ月プラン
1,650円3,360円4,900円

ひと月ごとの利用の場合、月額4900円と少し高額に感じるかもしれませんが、マンツーマンのオンラインレッスンアプリなどは月額6500円かかるだけでなく、カリキュラムを組んでくれるものはさらに高額になるケースも少なくありません。

SANTA TOEICは、有料期間の更新が自動ではなく、契約期間が終了すると自動で無料会員に戻るシステムです。安心して自分が学習したい期間を選ぶことができます。



スポンサーリンク

「SANTA TOEIC」の詳しい使い方・機能



SANTA TOEICをダウンロードしてから学習開始まで


まずは、スマホにアプリをダウンロードします。ダウンロードが終了し、アプリを立ち上げるとAIの説明が始まり、その後に現在の実力を測定するためのテストが始まります。このテストによって今後のカリキュラムが決まるので、真剣に取り組みましょう。

このテストではリスニング問題・リーディング問題どちらからも出題されますので、イヤホンなどを使用することをおススメします。テスト終了後に無料登録をすると、画面が切り替わります。


スポンサーリンク

SANTA TOEICの機能①:「問題を解く」


SANTA TOEICのアプリを開いてすぐ表示される画面がこの「問題を解く」になります。対策したいパートを選択して問題を解くことが可能で、今までの正答率などから苦手な問題の傾向や実力ランクを確認することもできます

更に、AIが弱点だと判断した問題のみを出題するように設定することもできるので、得点アップに直結しやすい機能となっています。


SANTA TOEICの機能②:「AI講義動画」


「SANTA TOEIC」では、TOEIC解説動画で学習することもできます。AIが苦手な問題に関連した動画をサジェストしてくれるため、自分の弱点を効率的に克服することも可能です。自分でテーマを選択して学習することもできる仕組みになっています。

無料会員は視聴できる動画の数が約20本までと限りがありますが、有料会員になると300以上の動画を観ることが可能です。


SANTA TOEICの機能③:「マイノート」


SATNA TOEICの「マイノート」では、過去に解いた問題がすべて自動で保存されます。その中で、自分が間違えた問題や、自分の苦手なパートの問題などを選択することも可能です。マイノートを使用することで効率的にTOEICテストの復習をすることができるようになっています。


「SANTA TOEIC」を使用した効率的な学習方法



残念ながら、英語の学習にはある程度の暗記が必要不可欠です。しかし、暗記のサイクルというのをしっかり意識することで効率的な学習が可能で、「SANTA TOEIC」での学習効果も高めることができます。

ここからは、「SANTA TOEIC」を使用した効率的な学習方法について解説していきます。


①エビングハウスの忘却曲線を意識する



エビングハウスの忘却曲線は、「新しく学習したことを忘れてしまうまでの時間」をグラフにしたものです。完全に忘れてしまう前に復習をすることで、長期的な記憶にすることができることを示唆しています。

そのため、新しく学習したことは一日のうちに何度も繰り返すことが大切です。「繰り返すこと」が大切なので、何度も同じ問題に時間をかけて解きなおす必要はなく、とにかく同じ文章を読むことや同じ単語を目にすることが大切になります。

仮に一日60分学習をするなら、朝40分、昼5分、夜15分と短い時間で繰り返し学習するほうが、朝に60分学習するよりも効果的という結果となっています。


朝に前日の復習、「問題を解く」を使用する


朝に前日の復習をし、その後に「SANTA TOEIC」の機能「問題を解く」を使用することで効率的な学習をすることが可能です。

具体的には、以前に間違えてしまった問題を「ノート機能」でサラっと復習します。その後、「問題を解く」機能で特に条件を絞らずに問題を解いていきます。最後に問題を解いた後に、どうして間違えてしまったのか、意味が分からなかった単語などを確認します。

リスニング問題や長文読解は、朝から声に出して音読、シャドーイングをすることでさらに覚えやすくなります。


③お昼にも間違えた問題と単語を確認する


お昼休憩は社会人でも学生でも忙しくて時間があまりないですよね。それでも、5分だけでも時間をとって、自分が間違えた問題を見直すと記憶がさらに安定しやすくなります

問題を解こうとせずに、問題文と回答、単語とその意味を流し読みする程度でもいいので、とりあえず目に入れることが大切です。


暗記と復習は寝る前に


夜は、朝間違えた問題を中心に復習をしていきます。夜に寝る前に暗記をすると定着しやすいといわれています。そのため、覚えたいことや単語の学習は夜に詰め込んで、翌日の朝にさらに確認をすることで記憶が定着しやすくなります

時間に余裕がある場合夜もシャドーイングや音読をするとより効果的です。


まとめ


いかがでしたでしょうか。「SANTA TOEIC」は英語の学習ができるだけでなく、自分の弱点を明確にし、自分専用のカリキュラムを作成してくれるアプリです。「SANTA TOEIC」を集中して利用することでTOEICの点数をあげることは難しくないでしょう。今回取り上げた内容をもとに、ぜひ「SANTA TOEIC」を活用してみてはいかがでしょうか?




【参考記事・文献】

SANTATOEIC公式サイト

Replication and Analysis of Ebbinghaus’ Forgetting Curve

睡眠中の情報処理

スポンサーリンク
webenu-santatoeic-2102105
最新情報をチェックしよう!