webenu-linkxkakeibo-202105

Linkx(リンククロス)家計簿とは?家計簿を自動化できるお金の見える化アプリ!

webenu-linkxkakeibo-202105

手書きで家計簿を付けると、忙しい時に後回しにしたり手書きの数字が視覚的に分かりにくかったりすることが多いのではないのでしょうか。

Linkx(リンククロス)家計簿を利用すれば、自動的に家計簿を作成してくれるので簡単に分かりやすい家計簿が出来上がります。また、金融機関を登録すれば自動的に履歴を取得できて、スマホを使えばレシートを簡単に読み取ることも可能です。

今回は、そんな便利な家計簿アプリ、Linkx(リンククロス)家計簿について詳しく紹介していきます。


スポンサーリンク

貯金が1000万円になったら資産運用を考えなさい
お金は寝かせて増やしなさい
山崎元の“やってはいけない”資産運用 (TJMOOK)
スポンサーリンク

Linkx(リンククロス)家計簿とは?


公式アプリはこちら

Linkx(リンククロス)家計簿は、自動で家計簿を作成してくれるお金の見える化アプリです。

情報の取得から家計簿の生成まで自動化してくれるので、手動で家計簿を作成する必要がなく簡単に家計簿がつけられます。家計簿は視覚的に分かりやすいようにグラフ化も出来るので、あとで見直した時にも分かりやすくなっています。

また、Linkx(リンククロス)家計簿は、PCとスマートフォンの両方に対応しており、どのデバイスからでも利用が可能です。スマホアプリ版を利用すると、レシートを撮影して自動でデータを取り込むことができます。


Linkx(リンククロス)家計簿の料金



Linkx(リンククロス)家計簿の基本料金は無料です。家計簿を作成するために必要な基本的な機能は全て無料で利用できます

月額500円のプレミアムサービスに登録すると、家計簿の診断や金融機関の提携数制限がなくなるなどの追加機能が利用できます。家系の改善をしている方や投資をしている方は、機能制限のないプレミアムサービスの方が便利です。Linkx(リンククロス)家計簿のプレミアムプランは30日間無料でお試しできます


スポンサーリンク

Linkx(リンククロス)家計簿で出来ること


linkxprice-202105

次に、Linkx(リンククロス)家計簿で利用できる主な機能についてご紹介していきます。Linkx(リンククロス)家計簿で出来ることは以下の通りです。

  • 複数の口座残高を一括管理できる
  • お金の流れを自動でグラフ化できる
  • 自動で家計簿が生成される

それぞれの特徴について個別に詳しく解説していきたいと思います。


複数の口座残高を一括管理できる


Linkx(リンククロス)家計簿では複数の口座残高を一括管理できるので、資産管理が簡単になります。管理している資産はグラフや表で確認できるので、一目で自分の資産状況を確認できます。

管理できる資産は預金だけではなく、株式や投資信託、不動産、年金など全ての情報を一つに集約できます。また、マイルやポイントなども資産として管理可能です。

Linkx(リンククロス)家計簿では、一度保管した情報を長期記録できるので、銀行や証券会社の取引履歴よりも長く保管できます。自分が欲しい情報をいつでも確認できますし、長期的な資産の動きも時間推移で把握できます。


スポンサーリンク

お金の流れを自動でグラフ化できる


Linkx(リンククロス)家計簿はほとんどの金融機関に対応しており、2,600社以上のサービスを一括管理できます。利用している金融機関を連携しておけば、サービスの利用履歴や残高を自動で取得してくれます。

下記は対応している金融関連サービスの例です。

  • 銀行
  • クレジットカード
  • 証券
  • 年金
  • ネットショッピング
  • マイル
  • 電子マネー
  • 携帯

特に、銀行とクレジットカード、証券の網羅性が高くなっています。金融機関だけではなく、Amazonや楽天などのネットショッピングにも対応しているので、家計簿の作成がとても楽になります。


自動で家計簿が生成される


Linkx(リンククロス)家計簿では、取得したデータを自動で分類して家計簿を作成してくれます。食費や光熱費などのカテゴリ毎に自動で分類されていきます。カテゴリの分類などは自分独自のルールを設定することができるので、自分好みの必要なデータが揃った家計簿を作成できます。

作成された家計簿はグラフ化されるだけではなく、カレンダーでも表示できます。カレンダーに表示することで、お金をいつ、どこで、何に利用したのかを見返すことが可能です。

また、家計簿を見て自分の出費を見返す時には、自分に似た人の平均データを参照できます。統計データをもとに、節約する時の目標値を示してくれます。


Linkx(リンククロス)家計簿の使い方


Linkx(リンククロス)家計簿は、データを入力すれば後は自動で管理することができます。データの入力方法については次の通りです。

  1. 金融機関の登録
  2. レシート撮影
  3. 手入力

金融機関は、一度登録してしまえば履歴や明細を自動で取得できます。スマホアプリを利用すれば、レシートを撮影するだけで内容を読み取り自動的に家計簿に反映されます。もしレシートが貰えない買い物でも、手入力ができるので問題なく家計簿を付けられます。

また、Linkx(リンククロス)家計簿で取得される情報は、金融機関の明細を見るための情報だけなので、振込などに必要な情報は取得されません。データは暗号化されて管理されているので、セキュリティ面も安心です。


まとめ


isaac-smith-6EnTPvPPL6I-unsplash

Linkx(リンククロス)家計簿は、自動入力で誰でも簡単に家計簿が作成できます。今まで家計簿を続けられなかったズボラな人でも、楽々続けられるはずです。

また、現金を使わずにクレジットカードや電子マネーを利用する方は、何もしなくても家計簿が完成します。お金の流れを見直すと無駄な出費が分かり節約につながるので、気になった方はぜひLinkx(リンククロス)家計簿を利用してみてください。


当記事の執筆者:タケシ!運営サイト


【参考記事・文献】

Linkx(リンククロス)家計簿 Powered by マネーフォワード公式サイト

スポンサーリンク
webenu-linkxkakeibo-202105
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG