SpatialChat(スペチャ)とは?特徴や使い方、評価などを徹底解説!

話題の最先端ツールSpatialChat(スペチャ)ってどんなサービス?

働き方改革やコロナ禍の影響でリモートワークをする人が増え、今となってはオンラインのコミュニケーションツールやオフィスツールが必須となってきました。一昔前では考えられないような働き方ですね。そんな中でzoomやslackなど様々なツールが日の目を浴びる中、今密かに話題となっているSpatialChat(スペチャ)というツールがあります。今回はそんなSpatialChatについてその概要や使い方、気になる評価について見ていきたいと思います。最後までごゆっくりご覧ください。

WEBENUでは今話題のWEBサービスを紹介しています。本記事はSpatialChatについてのまとめ記事となります。


SpatialChat(スペチャ)とは?

SpatialChat(スペチャ)はVlad Zakという人物が開発した、ツールの画面上の距離がそのままお互いの会話の距離になるという新しい形のコミュニケーションツールです。SpatialChatは公開後すぐに話題となり、日本においても、早くも個人の飲み会やスタートアップやベンチャーの連絡手段として使われるなど、その利便性や話題性に注目が集まっています。

公開当初は完全無料で利用することが可能でしたが、2020年夏頃に有料プランが公開され、無料で利用できる範囲が制限されました。

公式ホームページはこちら

詳しい情報についてはこちらの記事でまとめています↓


SpatialChat(スペチャ)の特徴と機能

SpatialChatには他のツールとは違った特徴的な機能があります。それは、画面上のユーザーの距離がそのまま声の大きさとして反映されるということです。他の人と会話をしたいときは自身のアイコンを相手に近づけ、一人で静かに集中したいときは他の人から離れた場所に動かすだけというとても直感的に理解しやすい機能です。現在ではオンライン飲み会や仕事中に付けっぱなしにしておくなどで利用されていますが、今後様々な用途で利用が考えられそうな面白い特徴ですね。


また、SpatialChatの主な機能については以下のようなものがあります。(2020年10月時点)

画像/動画共有:画像や動画をSpatialChatの画面上に共有できます

画面共有:自身の画面を共有してプレゼンなどができます

ピン留め機能:画像や動画をピン留め

チャット機能:メッセージは少し経つと消えるようになっています

複数の部屋作成:必要に応じて複数の部屋が作成可能


SpatialChat(スペチャ)の料金

SpatialChatの料金は2020年現在以下のようになっています。

フリープラン(無料):4人まで利用可能、画面共有、画像/動画の共有が可能

スタンダードプラン($49,99/月):少人数のチームや臨時の会議向け、「フリープラン」のすべての機能、50人まで利用可能、毎月5,000participant-minutes(参加時間)が含まれている

プロプラン(要見積もり):大規模なイベント用、「スタンダードプラン」のすべての機能、ブランディングとカスタムサブドメイン、マルチルームサポート


participant-minutes(参加時間)について

participant-minutes(参加時間)は、各参加者がスペースで費やした時間です。例えば、スペースに10人の参加者がいる場合は、1分あたり10participant-minutesが費やされます。

10,000participant-minutes(参加時間)ある場合は、

  • 10人の同時参加者がSpatialChatを16時間以上
  • 25人の同時参加者がSpatialChatを6.5時間以上

上記のように使用することができます。毎月の参加者分の割り当てを超えた場合は、participant-minutes(参加時間)が$ 30 相当を超えるたびに、クレジットカードに請求されるようになっています。

また、スペースの参加者が4人以下の場合は常に無料です。スペースの参加者が5人以上になるとparticipant-minutes(参加時間)の分が課金される仕組みになっています。

公式サイト参照)


SpatialChat(スペチャ)の使い方

次に、SpatialChatの使い方についてご紹介していきたいと思います。SpatialChatの公式サイトは全て英語なので、英語が苦手な人はgoogle翻訳などを駆使しましょう。

①スペースを作成する

まず、公式サイトの「Create Space」からスペースを作成します。

メールアドレス、ユーザー名、スペース名を入力したら以下のような表示が出て、スペースの登録が完了します。登録したメールアドレスにSpatialChatからメールが来ますので、内容を確認してください。


②スペースへ参加する

次に先ほど作成したスペースへ管理人またはメンバーとして参加します。

メール内の、「Use the following link to enter your Space as well as invite your friends: https://spatial.chat/***」のリンクはメンバーを招待する際のリンクです。メンバーを招待する際はこちらのリンクをメンバーに送るだけで簡単に参加することができます。

管理人として入る際は、「To manage your Space, use the Admin SECRET link below: https://spatial.chat/***」のリンクよりスペースに入るようにしましょう。

スペースに入ると以下のような画面になりますので、名前とプロフィール(必須ではない)を入力して「Continue」を押します。

最後に、カメラやマイクの設定を確認して「Join Space」からスペースへ参加しましょう。

③スペースの使い方

スペースへの参加が完了すると以下のような画面になっていると思います。

自身のアイコンをドラッグして、他の人のアイコンに近づけるとお互いの声がより大きく、遠ざけるとより小さく聞こえるようになっています。

下のメニュータブは左から、画面/画像動画共有、チャット、映像のミュート、マイクのミュート、退室になっています。また、上の画像のユーザーの左下に黄色いアイコンがあるユーザーは管理人となっています。管理人としてログインした際はこの表示があるか確認しておきましょう。さらに、管理人のみ左上に以下のようなメニューが出てきますが、こちらでスペースのカスタマイズや設定ができるようになっています。


SpatialChat(スペチャ)評価

最後に、SpatialChatの評価について見ていきたいと思います。口コミサイトやレビューサイトへはまだまだ口コミ/レビューが溜まっておらず数字での評価が難しいですが、多くのユーザーがブログやnoteなどでSpatialChatを使って見た感想などを公開していますので、参考までにそちらをご紹介しておきます。

-spatialchat(スペチャ)の始め方と使ってみた感想

-spatialchat(スペチャ)で部署のオンライン飲み会に参加!その斬新な機能を体験。

-話題のオンラインビデオツール「SpatialChat」使ってみた

-オンラインの中に“距離”!?話題の「SpatialChat」を使ってミーティングをしてみた


全体を通して「無料で使える」点や、「機能が面白い」などの意見が多く、小規模での利用においては評価が高く納得の意見も多いと思います。ただ、今まで無料で使えていたものが突然、「中規模以上のスペースは有料のプランに切り替えてください」となって、その辺りは戸惑う声や「価格設定が強気」などの意見もあります。

しかし、大規模なイベントでの導入も既に行われているようなので、このままZoomなどのビデオ通話ツールに並ぶようなものになるのはほぼ間違いないと思われます。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は話題のコミュニケーションツールSpatialChat(スペチャ)について、その概要や特徴、使い方などをまとめてみました。これからさらにユーザーが増え、その規模が大きくなるであろうSpatialChatですが、Zoomを始めとしたビデオ通話ツールやRemoなどのバーチャルオフィスツールなどの競合ツールがある中でどのような立ち位置を築いていくのか、その今後の動きに注目が集まります。

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

WEBENUでは引き続き、今話題のWEBサービスについてご紹介させていただきます。本記事が読者の皆様の参考になれば幸いです。


おすすめのバーチャルオフィスツールを紹介!


最新のWEBサービス情報を配信中!

当メディアでは、毎週その週に公開/リリースされた最新のWEBサービス/アプリの情報をまとめて発信しております。最新のWEBサービスの情報をいち早く入手したい方は、是非こちらも合わせてご覧ください。

【週刊】最新WEBサービス/アプリまとめの記事一覧はこちら↓

カテゴリーページ|【週刊】最新WEBサービス/アプリまとめ

初回記事はこちら↓


参考記事/引用元

SpatialChat

SpatialChat(スペチャ)が有料化に!?新機能・有料プラン紹介!翻訳済

spatialchat(スペチャ)の始め方と使ってみた感想

spatialchat(スペチャ)で部署のオンライン飲み会に参加!その斬新な機能を体験。

話題のオンラインビデオツール「SpatialChat」使ってみた

オンラインの中に“距離”!?話題の「SpatialChat」を使ってミーティングをしてみた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事