twitternewspaces-2021030

Twitterの新機能「Spaces」とは?注目のTwitter版Clubhouse!

twitternewspaces-2021030

現在ではclubhouseが圧倒的な人気を集め始めたと同時に人気の第一波は終息の兆しを見せています。若者世代を中心に人気が広がり、参加枠が高値で取引される等、ちょっとした社会現象も引き起こしました。

そこで現在注目されているのが、大人気SNS「Twitter」が新しく始めるサービスである、「Spaces」です。今回はTwitterの新機能「Spaces」について、現時点で判明している機能やサービス概要について紹介していきます。


スポンサーリンク

SNSで人を集める! やさしいSNSマーケティングの教科書
ゼロからはじめる Twitter ツイッター スマートガイド[改訂2版]
いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎 「いちばんやさしい教本」シリーズ
スポンサーリンク

Twitterの新機能「Spaces」とは?


twitterspaces-202103

clubhouseに対抗する人気機能になることが想定されるSpacesですが、さっそく2020年12月にはベータ版でのテストが実施されています。Twitterのアプリから対象者は利用することができ、その数はおよそ200人との報道もありました。Clubhouseのベータ版がアップルストアのベータ版上限である1万人であったことから、かなりの限られた人間に絞られています。

ベータ版の使用は一般人ではなく、有名人やかなりの頻度でTwitterを利用している人・内部の人間に限定されたものとなっています


Spacesの基本機能


スポンサーリンク

基本機能は音声チャット


まず、Spacesの基本機能について説明していきます。Spacesの基本機能は「音声チャット」です。音声チャットとはいえ言い方を変えればほぼ電話と同義で、Clubhouseにおいても基本的な機能は音声チャットのため、2つのサービスにはさほどの大差はありません。

音声チャットを主催するホストは、DMやリンク共有などで参加を促すことができ、参加者は「リスナー(聞いている側)」と「参加者(発言できる側)」のどちらかを選択できる仕組みになっています。選択はできるものの、発言権を管理するのはホストのため、誰でも話に参加できるというわけではありません。


おなじみのスタンプでリアクションをすることができる


リスナー・発言できる参加者問わず、Twitterではおなじみのスタンプでリアクションを取ることが可能です。スタンプの種類は、「100点、挙手(パー)、グー、チョキ、バイバイ(手を振る)、泣き笑い顔」の6つが用意されています。

発言権が無いユーザーでも、ホストとその周囲の発言についてリアクションを取る方法が用意されています。ただし、コメントすることはできないため、意見を直接伝えることはできません。


スポンサーリンク

字幕機能が利用できる


英語版のみではありますが、現時点でも字幕機能を利用することができます。

障がい者の方への配慮が主な実装理由で、リスナーとして参加しているユーザーの使いやすさに配慮した機能となっています。音声認識の精度は日々高まっていますが、複数人が話している事を考慮すると、この機能の精度に課題が残ります。


Spacesの強み


Spacesの一番の強みは普段からツイートを閲覧しているフォロワーたちと楽しむことができるという点です。Clubhouseは新規で新しいユーザーと関係を構築する必要があり、少々利用までに手間がかかるケースが多数ありました。しかしSpacesの場合は、サービスがスタートすればTwitterを利用している時点ですぐに利用することができます

DMなどで連絡を取り合い、すぐにサービスを利用できることはclubhouseと比較しても大きなメリットになります。さらに、いちいち「Spaceで○○さんと話すよ~」と宣伝しなくても、URLを公開するだけで簡単に紹介することができるため、仕組みとしては「Zoom」などと似た部分があります。

このようにすぐ利用を開始できて、無駄な手間をかけさせないのは流石大手サービスです。しかし、Twitter利用者全員にこの機能の利用を許可すると、特別性は一気に薄れるため懸念がされています。


現段階でのSpacesについての情報



現段階ではiOSのみの対応している


Spaceは、現段階ではiOSのみの対応となっています。そのためandroidユーザーは利用することができません。これは差別というわけではなく、アプリを提供するプラットフォームの問題で、androidユーザーにとっては残念な状況です。

人気サービスとなれば後々追加されるので、そこまで気にするほどではありません。Twitter社は、「androidサポートは何カ月ではなく何週間のうちに公開する」ということを発表しています


新機能の一般公開はいつ?


Spacesの一般公開は2021年の4月とされています。この情報は、アメリカ時間の3月10日にTwitter社が発表しました。

一般公開後は、「誰でもTwitter Spacesの自分専用ルームをホストできるようにするつもりだ」とホストであるアレックスさんがツイートしており、12月のベータ版発表からあまり時間をおかずに本サービスが利用できるようになる見込みです。なお、日時までの正確な公開日は発表されていません。


音楽が流せる機能も検討されている?


Spacesでは、いくつかの斬新なアイデアが検討されており、いわゆるウェルカムミュージックのようなサービスを利用できる機能が検討されています。

また、ベータ版では絵文字でのリアクションのみがサポートされていましたが、コメントができるような仕様への変更も検討されています。コメント機能が採用されれば、ライブ配信サービスと似た形になるため、そのあたりとの差別化をどのように図っていくのかにも注目が集まります。


録音機能の検討


Spacesでは録音機能の実装も検討されています。というのも、良いことばかりにSpacesが利用されるとは限らず、いたずらや嫌がらせ等の手段として悪用される可能性もあるからです。録音機能の実装を公表することで減らせる被害も沢山あるので、効果的な機能になります。


Spacesをリリースする本当の理由!?


Twitter社は、Spacesをリリースする本当の理由として、「ツイートすることを恐れている人たちに会話を推奨すること」と公表しています。いわゆる「見る専(見る専門で実際のツイートは行わないこと)」の方々にもさらにTwitterを楽しんでもらうための施策と言えます。

普段は「いいね」や「リツイート」しか行っていない方が、形を残さない方法であれば、自分の考えや普段の気持ちを打ち明けられる場を提供することが狙いです。


まとめ


今回は、大人気SNS「Twitter」の新サービスである、「Spaces」について紹介しました。大まかな利用形態としては、「人気者のトークライブを無料で視聴できる」といったサービスになります。いずれにせよ、clubhouseとサービス内容において類似した部分が多いため、対抗サービスになることは確実です。

招待制を取ることで特別性を重視しているclubhouseと、誰でも気軽に利用することができるSpacesでは真逆のペルソナが設定されており、どちらに人気が集中するのかも注目ポイントになります。話題の「音声チャットサービス」における、新サービス「Spaces」の今後の動向にも目が離せません。

さらに、ライブ配信サービスとの差別化をどのように図っていくのかや、ベータ版から修正されたのちにどのような新機能が追加されるのかも目が離せません。基本的にはベータ版のリリースから4,5か月~半年が本サービスリリースの目安ではありますが、たった3か月でのリリースを約束していることから、Twitter社のエンジニア陣の高い技術力もうかがえます。

【参考元】

Clubhouse対抗の「Twitter Spaces」が2021年4月一般公開へ、専用ツイートの可能性も

alex|Twitter

スポンサーリンク
twitternewspaces-2021030
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG