jeffbezos-202104

ジェフ・ベゾス|Amazom創設者のこだわりと考え方

jeffbezos-202104

ジェフ・ベゾスは、世界中で愛されているテクノロジー企業『Amazon』の創設者です。世界で最も影響力があり、経済的・文化的勢力の1つとして価値があるブランドだと言われているAmazonを創設した彼は、2021年に退任を発表しています。

今回は、現在57歳という若さで今のAmazonを作りあげたジェフ・ベゾスの考え方について、彼の有名なエピソードと共に見ていきたいと思います


スポンサーリンク

amazonのすごい会議―ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法
ジェフ・ベゾス 果てなき野望-アマゾンを創った無敵の奇才経営者
1分間ジェフ・ベゾス Amazon.comを創った男の77の原則
スポンサーリンク

ジェフ・ベゾスの人生と生き方


ジェフ・ベゾスの生い立ち


ニューメキシコ州で生まれたジェフ・ベゾスは、幼い頃から自分のベビーベッドを解体する、風車の修理をするなど非凡な器用さに恵まれていました。地元の高校に通っている間は、マクドナルドのバイトをしながらコンピューターに対する興味を持つよう担っています。

彼の原点は科学的関心が全てと言っても過言ではなく、入学したプリンストン大学でも物理学を専攻とし、計算機科学と電気工学分野でそれぞれ学士号を取得しているのです。大学時代は優秀な工学徒として、宇宙探査・開発のための学生組織に参加し、プリンストン支部長になっています

中学生時代までは、突出したリーダー的要素はなかったと学生時代の彼を知っている教師たちは口を揃えて言っていますが、高校生以降の彼は、非常にリーダー的存在として多くの人を引っ張っていく存在ということがわかります。


スポンサーリンク

金融業界へ飛び込む


大学を卒業後は、数々の企業からオファーを受けている中、金融決済システムを手掛けている「Fitel」に就職することを決めます

そこで、貿易情報のネットワーク構築に従事するなど、開発担当として大きな存在感を出し、最終的には開発部門・顧客サービスの責任者として従事していました。Fitelを辞めた後は再度金融サービス会社である「バンカース・トラスト」で働くようになります。それからも長らく金融系企業で仕事を繰り返していました。


Amazonの設立


ジェフ・ベゾスは29歳の時、自身でオンライン書店をスタートさせました。さらにそこから30歳になるまでには事業計画を書き上げて、Amazonを起業しています

当初は書籍の販売のみで、現在のように数多くの商品を取り扱ってはいませんでしたが、徐々に事業拡大を行なっていき、現在では音楽や映像もオンラインでダウンロードができるような環境にまでつながっています。

天気予報サービスや電子書籍サービスなど、より顧客が手軽で後悔のない買い物ができるオンライン小売企業として世界中に愛されるようになっているのです。


スポンサーリンク

ジェフ・ベゾスの経営思考


Amazonは一般的な企業の概念を覆すようなことに挑戦し、成功を収めています。そこにはジェフ・ベゾスの斬新なアイデアと経営思考があります。ここでは、そんな彼の言葉から読み取れる経営思考について見ていきたいと思います。


徹底的な顧客ファースト


ジェフ・ベゾスは長期的思考を持っており、すぐに利益を求めるようはことはしません。彼は顧客を第一に考えています

一時期、Amazonは累計赤字1兆円にも達していましたが、そんな状況でも「送料無料」や多くのストックを持っている「巨大倉庫管理」を徹底することを続けていました。従業員の14%をリストラせざるを得ませんでしたが、それでも顧客に満足してもらえるようなサービス提供は継続していたのです

周囲から批判され続けていた顧客ファーストスタイルも、結果的に6年が経った頃には黒字に戻り、現在もAmazonは多くの利用者で溢れています。目先の売り上げだけに左右されず、自分の信念を持って長期的な目で会社の将来を見ている彼だからこそ成功を掴むことができたのでしょう。


圧倒的なチャレンジ精神


「長期に渡って誤解されたとしてもかまわない」「Amazonの企業文化は調和と情熱だが、いざどちらかを選ぶとなれば情熱をとる」という言葉を残しているように、ジェフベゾスは非常にチャレンジ精神や信念の強い人物です

新しいことやマーケットとして良さそうなものがあるのなら、リスクが合ったとしてもまずは手に入れるというチャレンジをすることが特徴だと言えます。

素早く行動することによって失敗する可能性もありますが、将来の何かを得られるのであれば間違いではないと彼は考えているのです。結果を残すまでに何年もかかったとしても仕方がないことであり、問題はないのだという感覚を彼は持っているのだと思います。


顧客への理解と共感を持つ


Amazonは創業者のジェフ・ベゾスを含め、全ての管理職は毎年2日間コールセンターで必ずトレーニングを受けるというの珍しい特徴があります。Amazonはアルバイトから正社員・マネージャー職になることも多いので、あらゆる社員が商品知識や言葉遣いなどにおいて優れているということで広く知られています。

しかし、通常なら一旦管理職になった後は、現場に戻ることはなくまた別の仕事をしているというのは一般的な認識でしょう。そんな一般常識を覆すように、彼は自分でもコールセンターでトレーニングを行い、他の管理職の人達にもトレーニングを受けるようにしています。


コールセンターでトレーニングをする理由

管理職になってまで何故コールセンターのトレーニングする必要があるのかについては以下の二つの理由が挙げられます。一つ目は「どのような商品が顧客に求められているのか」を知ること、もう一つは「顧客が困っていることや悩んでいることに対する共感力を高めること」です。

顧客に対して謙虚さをもって共感することができなければ、より良い商品を開発することもサービスの導入も考えられないので、コールセンターでのトレーニングは必須だと彼は考えているのです。


【まとめ】長い目で物事を見据える力があるジェフ・ベゾス


いかがでしたでしょうか。ジェフ・ベゾスは昔から工学系の才能がありコンピューターの知識も豊富なため、Amazonのようなテクノロジー企業で成功を収めたのは必然に見えるかもしれません。しかし、その成功は彼の才能や知識だけでなく、顧客や会社に対する彼の考え方や姿勢がもたらした結果と言えるのではないでしょうか

赤字になろうとも常に長い目で企業や顧客を見ている彼の会社は、サービスの向上共に進化をし続けてきました。常にチャレンジ精神を持ち、失敗の先にある成功を見据えている彼が舵を取ってきたからこそ、今のAmazonの姿があるのかもしれません


【参考元】

世界最大の資産家ジェフ・ベゾスから学ぶ成功者の仕事術

ジェフ・ベゾスの名言10選 「変わらないものを軸に戦略を立てよ」https://forbesjapan.com/articles/detail/31696

スポンサーリンク
jeffbezos-202104
最新情報をチェックしよう!
>掲載申し込み受付中!

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのプレスリリースなどの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人などの提供元情報は審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG