go-about-20220531

タクシーアプリ「GO」の使い方は?決済方法やメリットデメリットを解説

go-about-20220531

最近では、手軽にタクシーが呼べて移動が楽になるといった理由からタクシーアプリに人気が集まっています。中でもタクシー配車サービスを行っているアプリ「GO」は、累計ダウンロード数が百万以上でユーザー満足度の高いアプリです。

しかし、実際に利用しようと思っても、

「便利だと聞くけど、操作が難しそう」

「そもそもタクシーアプリって、どういうサービスか分からない」

といった疑問や不安もありますよね。

この記事では、タクシーアプリ「GO」の利用を検討している人にむけて、「GO」の特徴や使い方、利用するメリットやデメリットまで分かりやすく解説していきます。


スポンサーリンク

タクシー配車サービス「GO」とは?



タクシーアプリ「GO」とは、株式会社Mobility Technologies が提供しているタクシー配車サービスです。ダウンロード数は百万を突破しており、日常的にタクシーを利用するひとにとっては手放せないアプリとなっています。

スマホひとつで簡単にタクシーの予約ができたり、リアルタイムで迎車を依頼することが可能です。

使い方もシンプルで、スマートフォン上で乗車位置と降車位置を指定し、支払方法を選択するだけです。予約が完了すると、アプリ上で到着予定時刻を確認することも可能です。

乗務員とメッセージのやりとりができるチャット機能もあるため、万が一予定を変更したい場合も安心して利用できます。アプリの機能もシンプルで直感的に操作できるものになっているため、初めて利用する人にも優しいサービスになっています。



「GO」を利用するメリット・デメリット



ここでは、タクシーアプリ「GO」を利用する際のメリットとデメリットを解説していきます。

スポンサーリンク

「GO」のメリット


「GO」を利用するメリットは以下の通りです。

  • 事前に目安となる料金を知ることができる
  • 優良乗務員やJPN TAXIの指定ができる
  • タクシー会社ごとの乗車料金も確認可能
  • GO Payで支払いも簡単
  • お得に利用できるクーポンやキャンペーンが充実

「GO」では、アプリ上で乗車位置と降車位置を設定できます。目的地までの距離から料金を算出してくれるため、事前に目安となる乗車料金を把握することが可能です。

予約ができるタクシー会社は複数存在し、タクシー会社ごとにだいたいの乗車料金を把握することもできます。最安値を探して予約できることも「GO」の魅力のひとつです。アプリ内では、優良乗務員の指定や、複数人での乗車や大型の荷物を運ぶことに向いているJPN TAXIなどの車両指定も可能です。

目的地に到着後すぐに降車できるように「GO Pay」という決済方法も用意されています。「GO Pay」はキャッシュレス決済となっており、乗車中に支払いを完了することができます。アプリ上で領収書の発行も行えるため、移動が多く急いでいる時にも一括で管理できます。

現在は3ヶ月連続でアプリを使うことによって、最大五千円分のクーポンが受け取れるキャンペーンが開催されています。アプリを使ってタクシーに乗車するたびにクーポンを受け取れるため、交通費を安く抑えることも可能です。こうしたクーポンなどのプレゼントが貰えるキャンペーンは定期的に開催されています。


「GO」のデメリット

  • 利用できる地域が限られている
  • 迎車料金や手数料がかかる
  • 車内決済ではクーポンが利用できない

デメリットは上記の通りです。

「GO」のサービスを利用できるエリアは、まだまだ狭い傾向にあります。同じ都道府県内でも市町村によっては利用できないということもあるため、利用の際には事前に対応エリアになっているか確認しておく必要があります。

また、領収書の発行がアプリ上で行える「GO Pay」での決済であればクーポンを利用することができますが、現金などの車内決済時には一切利用することができません。タクシーをよく利用しており、キャッシュでのやりとりを好む人にとっては大きなデメリットとなります。

アプリ上から迎車依頼をすると、迎車料金や手配による手数料などが乗車料金に上乗せされます。アプリを利用せずにタクシーに乗車するときよりも料金が高くなってしまうため、安く使いたいと思う人にとっては不満に感じやすい部分でしょう。


スポンサーリンク

「GO」アプリの使い方



ここではアプリの基本となる使い方や、決済の種類を簡単に説明していきます。

タクシーを呼んで利用する方法

タクシーの配車を依頼する方法は以下の通りです。

  1. アプリを開き乗車場所を設定し、「ここで乗る」をタップ
  2. 支払方法を選択し、クーポンを利用する際にはクーポンも会わせて選択
  3. 支払方法を確認し「タクシーを呼ぶ」を押す

この3ステップで簡単に依頼することができます。支払い方法はいつでも追加することが可能なので、空いた時間に事前に追加しておきましょう。



タクシーを事前に予約したい場合には、予約できる期間を知っておくことが重要です。対象となる期間は予約を行う日から七日後までとなっており、予約の際にはオプションサービスを利用できます。

オプションサービスには「AI予約」「優先パス」「こだわり条件」という三種類があります。

希望する日時にタクシーを予約する際には、「AI予約」がスムーズな対応を実現してくれます。最短十五分後から七日後まで好きな時間を指定して予約することができます。AIがリアルタイムでタクシーのスケジュール調整を行うため、人の手による予約対応の十倍の顧客の対応を行えるようになっています。

「優先パス」というサービスでは、タクシーの利用者が多く混雑している場合でも、空き車両が見つかり次第優先して配車を行ってもらえます。タクシー会社や車両、乗務員を希望したい場合には「こだわり条件」の利用がおすすめです。大きな荷物を持っている場合や複数人で乗車したい時など、オプションサービスを利用すると希望条件に合ったタクシーを手配してくれます。

従来のタクシーアプリでは、上記のようなオプションサービスが展開されているものは多くありません。上手く利用して快適でスムーズな移動を実現していきましょう。


決済方法

「GO」の決済方法は「車内決済」と「GO Pay」の2種類です。「車内決済」は現金、クレジットカード、交通系ICカードなどの支払いが行えます。タクシー会社によって車内決済のやり方が違うため、乗車時に必ず確認することがおすすめです。

「GO Pay」はアプリ内にクレジットカード情報を登録しておくことによって、利用できる決済サービスです。アプリ限定の支払い方法であり、クーポンを利用することによってお得にタクシーを利用できるようになります。

登録できるクレジットカードのブランドは「VISA」「JCB」「AMERICAN EXPRESS」「Mastercard」「Diners Club」となっています。


「GO」の送迎料金の仕組み



「GO」を利用してタクシーの配車を行った場合、手配されたタクシー会社によっては送迎料金が乗車料金に上乗せされる可能性があります。

送迎料金はタクシー会社によって異なり、「固定料金制」と「スリップ料金制」の2種類があります。距離に関わらず一定の料金で配車を行うのが「固定料金」となっており、迎車距離に応じて運賃の負担がかかるのが「スリップ料金」です。

固定料金の場合では通常四百円~五百円程度の料金が加算されますが、スリップ料金は距離によって金額が変動するため割高になります。「GO」では事前にタクシー会社を指定することも可能なので、一度自分の希望に合ったタクシー会社を探してから配車の手配をすることもおすすめです。


タクシーを呼ぶなら「GO」を使おう!



今回は、タクシー配車さ―ビスアプリ「GO」について簡単に解説していきました。仕事やプライベートで余裕をもって行動したいときには打ってつけのアプリです。

オプションサービスを利用すれば車両なども指定することができ、好きな時間に配車を頼むこともできます。より快適な移動時間を過ごすためにも、利用する人が増えているようです。

アプリのインストールや利用は基本無料なので、一度試しに利用してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。



【参考記事】

 タクシーアプリ「GO」公式ホームページ

スポンサーリンク