2020trend-webservice

【2020年版】Webサービスの注目トレンド5選!最新のトレンドキーワードをおさらい

2020trend-webservice
スポンサーリンク

2020年のWebサービスのトレンドキーワードを振り返る!


digitization-20201023

2020年はコロナ禍の影響で様々な業界でIT化の波が押し寄せ、人々のライフスタイルの変化が激しい年となりました。

今回はそんな2020年のWebサービスにおけるトレンド「5つのキーワード」と共に見ていきたいと思います。

ITトレンドとは少し異なり、2020年の”Webサービス“の傾向や状況を分析して、しっかりとおさらいしていきます。

WEBENUでは今話題のWEBサービスを紹介しています。本記事は2020年のWebサービストレンドについてのまとめ記事となります。


スポンサーリンク

– 2040年の未来予測
– オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る
– GAFAの決算書 超エリート企業の利益構造とビジネスモデルがつかめる

【2020年版】Webサービスのトレンド5選!


スポンサーリンク

①リモートワーク/テレワーク


remotework20201023

まず、最初のキーワードはリモートワーク/テレワークです。コロナ禍の影響や働き方改革の流れを受けて、様々な企業や組織でリモートワークが推進されました。

それに伴い、オンラインコミュニケーションツールの利用も増え、”ビデオ通話ツールの「Zoom」を運営するZoom Video Communications, Inc.の売上高は2020年2~4月の四半期決算で、3億2800万ドルとなり、前年同期比で169%増を記録しました”

コロナ禍の「Zoom一人勝ち」に陰り、GoogleとMicrosoftがビデオ会議サービスに本腰


バーチャルオフィスツールで出勤!?

また、ビデオ通信ツールの他、バーチャルオフィスツールなどの利用も増え、RemmotySococoなど様々なオンラインコミュニケーションツールが日の目を浴びることとなりました。

しかし一方で、書類の作成や通信環境の整備などリモートワーク/テレワークにおける課題も浮き彫りとなり、コミュニケーションツールにおいてもユーザービリティなどで様々な改善点がユーザーによって指摘された形となりました。


バーチャルオフィスツールについてはこちらの記事をご覧ください


【関連記事】

テレワーク関連ソリューションの動向調査を実施(2020年)

新型コロナでZoomなどの「Web会議」の成長と“脱PSTN”が加速する?


②動画配信/VR(仮想現実)



コロナ禍で自宅にいる時間が圧倒的に増え、また大規模なイベントや3密が発生する催し物/遊びなどができなくなった結果、自宅で休日を楽しむ手段として動画や映像によるコンテンツ配信やライブ配信を利用して楽しむ人が急激に増えました。


コロナで休日のライフスタイルが変化

この記事を読んでいる方の中にも、2020年からVODと呼ばれるNetflixHuluなどのサブスクリプション型の動画配信サービスを利用するようになった方がいるのではないでしょうか?

これらのサービスを利用して休日に映画やドラマを楽しむというのが2020年における自宅での楽しみ方の主流になったような気がします。


イベントもオンラインで開催されるように

また、例年開催されていた渋谷ハロウィンが2020年はバーチャル渋谷という仮想空間で開催されるなど、大型のイベントがVR体験動画配信の形で行われました

TikTokや17Liveなどでのライブ配信も盛り上がりを見せており、ライバーと呼ばれるライブ配信サービスを通して収入を得る人たちも多く見られました。

国内では、Instagramでライブ配信におけるバッジ(投げ銭)機能が開始されるなど、今後のライブ配信サービスへの期待が膨らむ1年となりました。


【関連記事】

【VODアプリ調査】いま、TVerがあつい!ユーザー数の変化や視聴時間の傾向

仮装もライブもVRに、「バーチャル渋谷」でハロウィンフェス開催

Instagram、“投げ銭”機能を日本でも開始


スポンサーリンク

③DX(デジタルトランスフォーメーション)



DX(デジタルトランスフォーメーション)というワードを聞く機会は今年さらに多くなってきたのではないかと思います。DXに伴い今までリアルで行ってきた作業や取引をインターネット上で行うサービスやツールが様々な業界で登場しました。


デリバリーやオンラインショッピングなど日常的にWebサービスを利用

コロナ禍の外出自粛に伴い、衣食住の全てをなるべく自宅内で完結させようとする人も多く、Uber Eats出前館を始めとしたフードデリバリーの需要が伸び、ZOZOTOWNなどを使ってネット上で洋服を購入するオンラインショッピングの利用増加など、人々のライフスタイルに合わせて業界のDXが進んだ結果、全体的にWebサービスの利用者が増えた形となりました。

また、国内でGotoキャンペーンが開始されたことにより、ネット予約が頻繁に行われ、飲食店/宿泊施設などはネット予約/キャンペーンに対応しているか否かが重要になっていました。グルメ予約サイトや旅行予約サイトの利用は今後もさらに増えると思われます。


【関連記事】

ウィズコロナ・アフターコロナを見据え、加速する企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)

コロナ禍でデリバリーに注目、出前館の加盟店数・注文数が大幅増


④キャッシュレス


cashless-20201024

今年は、経済産業省が行った、キャッシュレス消費者還元事業などによってキャッシュレス決済がお得に利用でき、またコロナ禍で接触による感染リスクを下げるため、今年からキャッシュレス決済を利用し始めた方が急激に増えた形となりました。

また、Gotoキャンペーンによりネット予約が増えた結果、キャッシュレスでの支払いをする利用者も増えたと考えられます。


動きの激しいキャッシュレス業界

 2020年5月に楽天ペイでSuicaを利用することが可能になり、10月にはApple PayでPASMOが利用可能になるなど、キャッシュレス決済サービスの動きもとても激しい一年だったと言えるでしょう

仮想通貨にも注目が集まっており、エジプトではコロナ禍によるエジプト経済への悪影響で収入が減少した人々などが、少しでも収入を補おうとビットコインなどの取引を始めているというような状況になっています。


【関連記事】

コロナの影響でキャッシュレス決済利用は6割増。どのような利用が増えた?

楽天とJR東日本、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の発行やチャージ、「Suica」による支払いを可能に

モバイルPASMOが10月6日にApple Pay対応決定!iPhoneやApple Watchで利用可能に

コロナ禍でビットコイン需要拡大するエジプト、仮想通貨合法化の機運も


⑤AI(人工知能)


ai-20201024

近年毎年のようにトレンドに上がっているように感じられるAIですが、2020年のWebサービスにおいてもその影響を色濃く感じられます。特に昨年と今年は様々な領域でAI活用が進み、多くのAIを活用したサービスが登場した年となりました。


一般ユーザーのAIサービス活用

Webサービス/アプリの一部としてAIチャットボットによる相談や診断などができるものや、写真加工アプリなどでAIを用いて顔の特徴を解析し、自動補正するAI補正などはAIのWebサービス活用の良い事例と言えるでしょう。

また、今年何かと話題となったTikTokなどではAIを用いてユーザーそれぞれにあったおすすめのコンテンツを紹介するレコメンド機能も引き続きその活用が進められています。


【関連記事】

【2020年版】最新の業界別AI(人工知能)サービスをまとめてみた

【最新版】チャットボットのカオスマップを公開

TikTok人気を生む驚異のAI活用 有名投稿者の7割が「一般人」


【まとめ】今年の本当のキーワードは…


2020trendweb-20201024

いかがでしたでしょうか?

今回は2020年のWebサービスのトレンドについて5つのキーワードで見ていきました。今年はコロナ禍の影響がとても色濃く出た年となり、IT/Webの分野においても大きな変化のあった一年となりました。

今年の一番のキーワードはコロナウイルスなのかもしれないですね…。また来年はアフターコロナという形で新しいトレンドの変化を期待したいところです。

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

WEBENUでは引き続き、今話題のWEBサービスについてご紹介させていただきます。本記事が読者の皆様の参考になれば幸いです。


2020年のwebサービスを把握するのに役立つ関連記事

スポンサーリンク
2020trend-webservice
最新情報をチェックしよう!
 data-src=掲載申し込み受付中!" width="1280" height="768" >

掲載申し込み受付中!

当サイトでは読者の皆様からのWEBサービスに関するプレスリリースや最新情報などの掲載お申し込みを「無料」で受け付けております。企業や個人での開発など規模などは審査に影響いたしませんので、専用フォームよりお気軽にお申し込みください。

CTR IMG